REVO-BLOG
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
OTHERS
松田尚子
15歳でジャズダンスを始める。20歳で川體悦子氏演出の作品に出会い、ダンスに専念する為大学を中退、本格的に活動を始める。アーティストのバックダンサー・振付などを経た後、川崎悦子氏プロデュースの舞台に数多く出演。
また、自主公演・ソロ作品を発表するなど、数々の舞台で振付・出演。 講師としての活動にも力を入れ、BEATNIK STUDIO・CHACOTTなどのダンススタジオから劇団・大学サークルまで、幅広く指導・振付にあたる。

2004年より杏奈氏演出のコンテンポラリー作品に出演。
2005年よりコンテンポラリーダンスカンパニー「sudburry306」に参加。活動の幅をさらに広げる。 2005年9月より、個性派ダンサー10人によるダンスパフォーマンス「タラレバ」発足。 2006年4月、ロック音楽とダンスの競演、movement sol vogue 「janne」で初の舞台演出を手がける。 2006年9月、自ら企画・演出・振付、全てTHE BEATLESの楽曲で構成されるダンスパフォーマンス、「MOVING OUT with THE BEATLES」を発表。
2007年1月、横浜ダンスコレクション出演(杏奈氏作品「noise act」)、「未来に輝く横浜賞」受賞。 2007年10月スペイン、カナリア諸島でのコンテンポラリーダンスコンテストに出場(杏奈氏作品「noise act」)、第1位・オーディエンス賞とダブル受賞。
2007年5月ジョン・ケアード演出「真夏の夜の夢」(新国立劇場) 2007年7月ダンスパフォーマンス「タラ・レバ」(青山円形劇場)

◆MatsudaNaoko.com
http://www.matsudanaoko.com/index.html